常設展示

あかりの移り変わり

「灯火具の移り変わり」と「あかりの工夫」をテーマに、日本における〈あかり〉の歴史を、豊富な資料とともにご紹介しています。

電灯が灯るまで各地で使われていたさまざまな灯火具。 あかりには欠かせない火を起こすための道具。 和ろうそくの製造用具やつけ木作りの道具。 今と昔の明るさを比較体験できる学習室。

これらの展示からは、わたしたちの先人の暮らしや、火やあかりに対する思いを見ることができます。


ページ上に戻る