調べてみよう:火をともす

昔の人たちは、はじめは、木をもやした炎をあかりとしてつかっていましたが、

やがて、油やろうを燃料としてつかうようになりました。

油・ろうをもやしたあかりは、木をもやしたあかりにくらべて、安定していて、べんりなものでした。

下の表は、日本のあかりにつかわれたおもな燃料と、

燃料ごとにつかわれた道具をまとめたものです。

<たいまつ・ひでばちなど>

ひでばちの写真たいまつ

<あんどん・たんころなど>

あんどんたんころ

木をたばねた「たいまつ」や、松の根かぶをかんそうさせた「ひで」をもやしました。

菜種やわたなどからしぼった油に「とうしん」とよばれるしんを入れ、火をともしました。

ろう

<ちょうちん・しょく台など>

しょくだいの写真

石油

<ランプなど>

らんぷの写真

ハゼやウルシの実からしぼったろうで作った和ろうそくに火をともしました。

石油に木綿のしんを浸し、火をともしました。

 

日本のあかり博物館へのお問い合わせ、お申し込み、ご質問


ページ上に戻る